医学部に特化した予備校が高校生にとって重要な理由

単純に偏差値が高いだけでなく、受験問題に特有のクセがある

医学部への進学を希望している高校生は、そのための対策をしっかり行わなければなりません。
理系学部のみならず全学部の最難関に位置するため、相応の学力が求められるのは誰でも分かるでしょう。
しかも、単純に偏差値が高いだけでなく、受験問題に特有のクセがあるケースも少なくありません。
それゆえ、受験する医学部を決めたら、そこに焦点を当てた対策を十分に行うことが求められます。
とはいえ、これを実施していくのは簡単なことではありません。
なぜなら、一般的な予備校にはそのためのカリキュラムが用意されていないからです。
コース自体は存在しますが、他の理系学部のコースの延長上に位置しています。
つまり、単純に難易度を上げただけであり、特有のクセにまで踏み込んで教えているところは多くありません。
そのため、偏差値は水準を超えているのに、受験に失敗してしまうという現象が頻発することになります。
しかし、この事情がしっかり検証されることなく、競争率の高さなどが原因であるかのようにすり替えられがちです。
その背景にあるのはボリュームゾーンの問題です。
医学部の合格者が増えることは、予備校にとって素晴らしい宣伝材料になるでしょう。
しかし、受験者数は生徒全体のほんの一部に過ぎません。
それより、他の難関理系学部を受ける大勢の受験生のバックアップを中心に行ったほうが得策です。
講師をはじめとしてリソースは有限であるため、やはり注力できる生徒のゾーンは限定せざるを得ない状況となっています。
そのため、あくまでも難関理系学部を中心として、その難易度をアップさせた対策を行っているのが実情です。
そのため、特有のクセへの対策は自分で過去問題を解いて行うしかありません。

校舎紹介 東進衛星予備校東岡崎駅前校

名鉄東岡崎駅南口から徒歩1分!岡崎高校、岡崎北高校の皆さんを中心に、岡崎市、豊田市、などたくさんの高校生に通って頂いております。
また、隣接する東岡崎駅南口校は、東大・京大・医学部志望者が集まる校舎。
高い志を持ったライバルと共に学習できます! pic.twitter.com/tEY41FdXll

— 東進衛星予備校TEPグループ (@TEP93419968) March 5, 2021

単純に偏差値が高いだけでなく、受験問題に特有のクセがある / 特有のクセまで考慮して指導してくれる予備校に通うのが一番 / おすすめなのがオンラインの講座を開講しているところを選ぶこと